人類史上最大の建築物!中国を代表する観光地「万里の長城」

地球上でもっとも有名な城壁を旅する

東は山海関から西は嘉峪関まで、全長8851.8kmに渡って築かれた城壁が万里の長城です。万里の長城は、紀元前7世紀から築かれ始めました。その後は秦の始皇帝が、各小国が築いた城をまとめて拡張しました。始皇帝が亡くなった後も、歴代の指導者のもとで増築・修繕が繰り返されてきて、現在の万里の長城になったのです。
万里の長城は最初は北方民族からの侵略を防ぐために造られ、時代が移り変わっていくと北方民族との交易の場として開放されました。形は違えど、万里の長城は長年、社旗情勢を安定させる役割を担い続けてきました。
現在は観光名所として世界中の人たちが訪れるスポットになっています。

万里の長城の魅力って何?

歴史の教科書にも載っている万里の長城ですが、観光地としての魅力は何でしょうか?万里の長城は見る世界さんというよりも、体験する世界遺産と言えます。つまり、城壁の上を歩くことで現地の雰囲気を楽しむ、マラソンでいうところのファンランのような感覚です。歩いている最中は、自然と調和した景観を見るのもよし、見張り台の望楼や敵を狙撃するための銃眼、兵士たちの駐屯施設や狼煙をあげる烽火台といった設備を詳しく観察するのもよしです。

とは言っても、万里の長城はあまりにも広大です。端から端までを見て回るわけにはいきません。北京郊外にある八達嶺長城は、比較的行きやすい場所ですが、ほかの場所も見て回りたいという人もいるでしょう。そんな人にはツアー旅行がおすすめです。ツアープランには、万里の長城のおすすめスポットが詰め込まれているので、旅行計画に頭を悩ますことはありません。

フライアゴーを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です