ある意味日本の中心地?島根県の有り難いスポット色々

天守が現存する貴重な城

島根県の足立美術館は、横山大観や平山郁夫など、日本を代表する画家の所蔵を見ることが出来ます。広々とした美しい日本庭園が併設されており、美術鑑賞の合間に散策するのに最適です。米子駅と安来駅から無料のシャトルバスが運行されており、アクセスしやすいのも嬉しいポイントです。松江城は2015年に国宝に指定された、天守が現存する貴重なお城です。実際の戦を想定して造られ構造は、城マニアにとってたまらない魅力です。天守の最上階からは、宍道湖や大山までみわたせます。

壮大な自然の営みが感じられる

島根県の宍道湖は、シジミの産地として有名です。東端に位置する松江市からの、湖沿いに広がる夕景は「夕日百選」に選出されるほどの美しさです。湖畔に沿って遊歩道が整備されており、付近には美術館やオシャレなテラスなども設置されています。隠岐諸島は島根県北部の海に点在する、有人島と無人島からなる島嶼群です。火山活動の名残や断崖絶壁など、壮大な自然の営みを感じることが出来ます。奇岩のローソク岩は、夕日が重なる瞬間にローソクのように見えます。

全国の神様が集まる場所

島根県にある出雲大社は、縁結びの神社として有名です。大国主命が祀られている大社は、現在の建物に換算すると15階のビルに相当する高さがありました。拝殿に設置されている注連縄は、長さ太さともに日本最大級です。当大社での参拝の仕方は二礼四拍手一礼と、通常の二拍手よりも2回多いのが特徴です。その理由としては、出雲大社は全国の神様が集まってくる場所だからです。

フライアゴーを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です